金利が違う | 誰でも利用できるの!?カードローンはとっても便利!
札束を広げる

金利が違う

カードローンが人々に定着したのは、借り易さもありますが、低金利が追い風となった面もあります。何度も利用する人なら、確実に低金利の業者を利用するからです。先ほど少し触れた消費者金融系と銀行系ですが、金利を比較するとその差は歴然となります。
・消費者金融系…上限18%
・銀行系…上限14.5%
この事から、より低金利なのは銀行系のカードローンとなります。

しかし、低金利だけで比較すると大事な面も忘れてしまいます。消費者金融系でも、大手なら期間限定で金利ゼロというサービスを打ち出す業者が多いです。これを賢く利用すれば、仮に数万円を借りても直ぐに返済すれば金利ゼロとなるのです。しかし、これらは初回限定サービスとなるので、何度も利用は出来ない事を念頭に入れておきましょう。また、銀行系のカードローンは審査に時間が掛かるというのが、これまでの定説でしたが、最近は流石に30分以内は無理でも、審査から融資までが即日というものも増えています。これを上手に利用するなら、月曜の営業開始の午前中早くに申し込めば、数時間掛かっても午後には融資がOKで、最悪でも翌日火曜には利用可能となり得るのです。これらの事から、銀行系も消費者金融系もサービスが向上されているのは、確かな事なのです。カードローンなどは昔は、お金を貸す方が立場が強くて、本気でお客の事を考えたサービスを提供していませんでしたが、今はそんな考えならお客が一人もやってきません。より良いカードローン業者ほど、今の時代に求められているのです。