融資までの時間 | 誰でも利用できるの!?カードローンはとっても便利!
現金化して喜んでいる

融資までの時間

金利も低くなり、後はカードローンを利用する際に気になるのは、融資までの時間でしょう。一体どれぐらいの時間が掛かるのかは、本当に急いでいる人ほど気にするべき最大ポイントなのです。カードローンの宣伝やHPを見ていると、消費者金融系はもちろん対応している銀行系も、金利以上に大きくアピールするのが「即日融資」という言葉です。これは、即日=当日という事で、申し込んだその日にお金が借りられる事を意味しています。
金利が少し高くなる消費者金融系の最大の売りであり、銀行系カードローンも最近は即日融資に対応している業者が多くなっています。これらの業者の違いとしては、消費者金融系は融資まで最短1時間という事もありますが、銀行系ではそこまでの短時間は無理で、即日融資という言葉を借りるなら数時間は覚悟しましょう。しかし、これも常識に考えて、閉店間際に申し込んで即日融資をお願いするのは無謀というものです。
どうしても銀行系カードローンで即日融資をお願いするには、何度も言いますが、平日の午前早めに審査を申し込んで余裕をもたせると、午後には融資がOKとなるでしょう。他に気を付けるのは、他店でのカードローン経験や踏み倒し経験、または契約手続き書類で不備があると、時間が掛かってしまったり審査で落とされる事もあります。まとめるなら、業者もお金を貸すことが商売なので、基本としては貸したいものですが、信用がない相手には貸せないという事です。